恥ずかしい過去は誰にでもあるでしょう。
最近、中二病という言葉を知りました。

中学二年生という思春期にありがちな、突拍子もない自信に裏打ちされた行動の数々のことのようです。
しかも当時、真剣であればあるほど、中二病の価値は高いとも。
黒歴史という言い方もあるようですが、どっちでもいいですけどね。

定義があるのかもしれないですが、そもそも定義も答えの無いものであり、議論好きがインテリぶる遊びの1つとも言われているとかいないとか。
管理人も定義なんぞ、面倒くさい事に首を突っ込むつもりはないので、この辺で話題は切ってみることにする。

突っ込む場所は、もっと良い場所にあるものだ。
そして気持ちよくなくてはならない。

恥ずかしい過去なんて、口が裂けても言えない事から、仲間内で冗談っぽく言えるものや、ドン引きさせることを狙うかのような衝撃告白まで、いろいろとある。

が、それを自慢気に話す輩がいると興ざめ。
例えば、「俺は三時間しか寝てない」「明日はひとりで行動」など、誰かから構ってほしいような事を口走る人間は、正直付き合わない方が無難だ。

ネット上のSNSでもいるらしい、構ってちゃん、という類の気質をもつ連中が。
いい大人が、気持ち悪いものだ。

恥ずかしい過去となるべき行動を、現在進行形でやっているのが構ってちゃんなのか。
どうでもいいが。