帰省時の覗き犯は

うちのダンナは男ばっかりの3兄弟の次男です。
長兄は既に結婚して独立し、末の弟はまだ高校生なので実家で家族と一緒に暮らしています。

お盆の帰省時は毎年ダンナの実家に子供たちと一緒に家族みんなお泊りさせてもらっています。
結婚2年目のとき事件が起きました!

当時はまだ子供がいなかったので夫婦二人だけでの帰省。
みんなが入った後、一番最後にお風呂に入って帰省の緊張と疲れをほぐすように湯船で半身浴していたら窓の外に人の気配が!

すかさず見たら義弟がそこに!目が合ってしまいました!
覗きです!しかも犯人は義弟!まじで~!
もうやめて~いつから覗いてたのよ~って心の中で叫びました!

お風呂から出てダンナに話したら「てめー何やってんだ!」って義弟に殴りかかり楽しい帰省が一気に険悪ムードになっちゃって・・・。
結局「裏庭にゴミを出しに行っただけ」ということで話し丸く収められちゃったんですけどね。

あれは完璧に覗いてたと思います!
これがきっかけで帰省する意義を見失いましたが、未だに疎遠になりたい気持ちでいっぱいなのです。

この事件依頼、向こうの両親も平身低頭なもので、無下には出来ないのですが義弟が実家を出るまでは、完全に近寄るなオーラを出していました。
今、聞くところによると、義弟はやっぱりという感じで、遊びまわっているようです。

»