ゴメンなさいの夜

私が会社にも慣れてきた20代前半の頃、不倫をしていたことがあります。出会いは何てことのないナンパだったのですが体の相性がとにかく良く、お互いにお酒が好きなこともあり擬似恋愛を楽しんでいました。

疑似恋愛なんて、都合の良い言葉があるものですよね。

27歳の彼女は身長もバストも平均的ですが、その割に痩せているので腰と胸が突き出ているとてもイヤラシイ体つきをしていました。
50回は身体を重ねたのではないでしょうか。

彼女から突然、別れ話を切り出されました。
そもそも付き合っていないのだから分かれるというのもおかしいのですが。
ついに持ち家を買うことになり、夫の実家の近くに引っ越すというのです。

関西から夫婦で仕事で都内に来ていたので、もう簡単には会えません。
ゴメンなさい。と言われました。
私自身、彼女にかなり情が湧いていたので残念だったのですが夫婦の幸せを邪魔していい権利などありません。

私たちは最後に、と身体を重ねることにしました。
ホテルに着いた私のものは、自分でも驚く程大きくなっていました。
最後の力とでもいましょうか、それはそれは濃密なベッドとなりました。

もうあのような体験は二度とないと思います。
割り切れるのは、いつも女性で、男性はとこかに淡い期待を抱くものなんですよね。
このような残留思念が危ない行動をさせるので、男性ばかりが、ひどいことをしてしまうのでしょう。

»