締りをよくする方法

男性は女性に対して、勝手な願望を抱いているものです。
処女を奉り神聖視する傾向やアソコの締まり具合や色なども、自分に都合よく出来上がっていて欲しいと思っている動物です。
なんて単純なのでしょう。

とはいえ、古から性に対するオカルトチックな話は枚挙に暇がありません。
未だにバイアグラや精力剤が販売されているのを考えると、精力や性力は生きる源でもあるのかもしれませんね。

さて、タイトルの件、女性は直接聞いたことがないと思いますが、
【あの女の締りはよかった~】
【ガバガバで最悪だったよ~】

自分のサイズは、棚に上げるのが男同士の他愛のない性自慢の特徴です。

しかし現実としては、締りがよいとされている女性は、男性に喜ばれますし、愛される要因として否定はできません。
事実なので、女子力向上を旨としている女性は覚えておいてくだいね。

簡単な訓練があります。
オシッコをする時に出したり、止めたりを繰り返して下さい。
単純にこれだけです。

初めからは難しいでしょうが、要は腹筋の奥を鍛えるイメージをもてばいいだけです。
だから女性アスリートはモテるわけですよ、多少ルックスがアナタに負けていても。

かわいい演出が男心を掴む

ビリヤードを教えてくれるという彼と、アミューズメントパークへ行った。
1つの建物の中にボウリング場やカラオケボックス、ゲームセンターなどが入っているデートには持って来いの場所である。

カウンターにマイ・キューまで預けている彼は流石の腕前で、鮮やかにショットを決め続け、台の周りに見物人が集まるほどだった。
初心者の私も彼に正しいフォームを教えてもらい、数時間で見違えるほど上達した。

「すごく格好良かった」「惚れ直した」という私の言葉は心からのもので、彼も満足そうに頷いていた。
そこで引き上げればよかったのだ。
彼も私も。

上機嫌の彼は、ビリヤードを終えて帰りかけた時、バッティングセンターに目をとめ、ここにも寄っていこうと言った。
もう一丁、雄姿を見せようとしたのかもしれない。
私も調子に乗って、「ホームラン打ってね」と、彼をバッターボックスに送り出した。

…1回くらいはバットに当ててほしかった。
彼も気まずいだろうが私も気まずい。まだそれをネタにして笑い飛ばせるだけの関係性はできていなかった。

明らかにテンションの下がった彼をどうフォローしていいか分からず、とりあえず「もう1回ビリヤードしよう!」と、やけくその明るさで提案する私だった。
しかし、彼は夜の方がバットコントロールが上手かったのです。

おやじ臭い言い回しですみません。

風俗大好きな人の情報源を見つけています。
風俗遊びが大好きな男性のための風俗情報。全国の情報を取り扱っているので出張先でも重宝。

«
»