喧嘩とは別れ話

付き合う人に対して、「こうしてほしい」という願望が特にない。
だから、あまり私が怒ることもなかったので喧嘩することが無かった。
しかし、「喧嘩するほど仲が良い」を痛感している。

ちょくちょく喧嘩した方が良いと思う。
だって私の場合、喧嘩するときは別れ話のことだったから。
いつも楽しく過ごしていたのに、こんなにも喧嘩している…。
というのが悲しくてしょうがない。

小さな不満を伝えることもしなかったので、最初で最後の電話の喧嘩で、互いの不満が爆発する。
気になることがあったらそのとき言ってくれたら良かったのに!と思うが、それはこちらにも言えることだ。
毎日小さなことにケチをつける女は好きではないが、意外にそういうキャラクターの方がカップルとして長続きしている。

物わかりが良くて素直で、文句を言わない、というのが「いい女」だと思っていたので、不満を言ってこなかったのに、別れ話のときにつらつらと言っている私。
なんでその場で言わなかったんだろうと後悔するばかりだ。

別れ話のときに、悪いところは直して、また頑張ろう!と言えなかったから、最初の喧嘩が別れ話となってしまっていた。
「やだやだ!別れたくない!」という風なことを言いたくなかったからだ。
はい、そうですか。
と認めてしまっていた。

こちらから別れを切り出したことも何度となくある。
そのときに向こうが「悪いところは直すから」と一生懸命伝えてきても聞かなかった。
あのときにきちんと向きあっていたら、人生変わってただろうな。

喧嘩をすると離婚を口にする

私は結婚して12年になります。
結婚してから今までの間、何度喧嘩をしたかわかりません。
家事のこと、育児のことで意見があわなくてなんどもぶつかったことがあります。
それでも、離婚を考えたことはありません。

でも、夫婦のなかでは、喧嘩をするとすぐに「離婚する」と口にする人たちもいます。
私の姉夫婦は、毎回「離婚する」と大騒ぎになっています。
その内容は大したことではないのに、どうして離婚するという話になるのか理解できません。
私たち夫婦や両親もはじめはとても心配していたのですが、あまりにいつものことなのでだんだんと気にしなくなりました。
ただ、離婚ということをあまりも簡単に考えすぎている気がします。
実際に離婚をする勇気さえないのに、その言葉だけを利用しているようであまり納得がいきません。
本当に離婚をして苦労している人もたくさんいる中で、姉夫婦のような人たちがいるのは残念です。
もしも、私が離婚を考えることがあるとすれば、それは夫を本当に信頼できなくなったり、子どもに悪い影響があると考えた時だけだと思います。
今は、夫のことを異性としてというよりは、人としてとても尊敬しているし、いっしょにいるととても安心できる存在なので、離婚を考えることはありません。
誰もが、結婚した時には離婚なんて考えられないほど相手のことを思っていたのに、どんなことが起こって離婚に至るのかわかりませんが、人と人の心のつながりを大切にしたいものです。

»